お気に入りのハイエース、あえて気に入らないところをあげてみる

ハイエースに乗り出して1年半がたちました。

今までに乗ってきた乗用車とは違っている部分がありますが、今までの乗用車とは違った使い方ができるので生活の楽しみがぐんと増えました。自分好みのハイエースにかえて行くこともできて車ってこんなに楽しかったのか?と気づかせてくれた車です。

そんなハイエースですが、今日はあえて気に入らないところを上げてみようと思います。




 

■スライドドアが開きすぎる

商用車だということもあり、荷物の出し入れのために開口部が広いほうが良いのでこれだけ開くのかもしれませんが、見たとおりガバッと開くので後ろの席やセカンドシートの後ろ下部分まで丸見え。時々、セカンドシート後ろ下の荷物が落ちてくることもあります。

左サイドドアはneru海の蚊帳をつけているので、後ろの部分が布の枠になって隠れます。その点がneru海蚊帳のお気に入りポイントですが、右サイドドアの蚊帳はないので開けたら丸見えです。

また、セカンドシートに座っていてドアを閉めるときも、腕を結構後ろまで伸ばして閉める動作が必要で・・・まぁ、そんなにたいしたことではありませんが普通の乗用車とは違っている部分ですね・・・

 

この点については「パワースライドドアスイッチ」がユーアイビークルから発売されていました。

助手席やセカンドシートからスイッチひとつで楽に開閉できるようです。

http://item.rakuten.co.jp/auc-ui-vehicle/10000605/

 

■サンバイザーがペラペラ

普段運転していて太陽の光がまぶしい時がよくあるのです。ちょっとでもまぶしいと目が疲れたり、前が見えにくくなるのが非常に気になる方で、すぐにサンバイザーを下げるのですが、ハイエースのサンバイザーペラペラですね・・・乗られている方気になりませんか?

私はココが一番気にいらないかも・・・

カバーをすればしっかりするのではなかろうかと、ハイエースに乗り出した時から良いカバーがないか探しているのですが、

サンバイザーのカバーって種類が少ない! 黒一色とか、メーカーでもほとんど出されていない。(若干はありますがデザインが・・)

イベントの時にも聞いてまわるのですが、カバーはなくて、たいていはサンバイザーそのものをくるんで裁縫するらしいのです。

お値段も2個だと2万円くらいします(´Д`) サンバイザーで2万円は使えないのでとりえず様子見状態なのです。。

イベントある度、メーカーブースで「カバーありませんかぁ?作ってください!!」としゃべっているのは私です(^_^;)

 

■ハイエースは顔面で精一杯うけとめる

(うちのハイエースではない画像をおかりしております)

ハイエースって顔が大きいのですぐこんな状態になります。うちのハイエースのグリルは一部メッシュになっているのですが、メッシュの部分にも小さい蜂?みたいなのがグロイ感じで挟まっているのをみた時はゾッとしました。

高速道路でちょっと田舎方面に行くとテキメン。虫のつぶれた汁?がなかなかとれないのです。

どの車でも虫はつきそうですが、今までの車ではそんなに気になりませんでした。(黒い車に乗っていたからでしょうか?)

うちのホワイトパールのハイエースは非常に気になります。

同様にフロントガラスもすぐに汚れる気がします。ワイパーも拭き残しができます。。。

 

■頭を強打する

うちのハイエースはTVをこの部分に付けているのですが、ちょっと前に手を伸ばして物をとろうとしたり、二列目シートに居て移動したりするときにも、なぜかこのTVの角部分で頭を強打します。

気にしていたら打たないやろ?と思うのですが、うちの家族はみんな経験済み。

場所がちょうど良いところにあるのかなぁ?? 気を抜くと打ちます。それがめっちゃ痛いんです!!!

 

■セカンドシート裏がたよりない

こちらは以前のブログでも書かせていただき、解決済みなのですが、

ノーマルの状態だとセカンドシート裏はボワボワで車中泊するときなどは快適に寝ることができません。

裏側に座ることも不安な状態です。

セカンドシート裏をテーブル替わりに利用する場合もトレーなどを敷いて使うなどしておりました。

ユーアイビークルの「セカンドシートバックパネル」を入れることでしっかりしました。

(コチラの記事もどうぞ→ http://hichyu.com/2017/05/21/uivehicle-secondsheetbackpanel/ 

 

 

■運転席横の小物入れの中が熱くなる

ハイエースはエンジンの位置関係でしょうがないのかもしれませんが、冬だからいいかな?と思って隠しておいたチョコレートがどろどろになっていたり、顔面(車の)の虫を拭くウエットティッシュみたいなのをいれていたらカスカスになっていたり、入れるものを考えないといけません。

 

 

■まとめ

細かいことは他にもありそうですが、思いついたものを上げてみました。

メーカー各社から出ている物で解決できることもあるかもしれないし、そこまでする必要のないものもあるし人それぞれの利用方法や感じ方も違うかもしれません。あくまでうちの場合は。。。ということで。。

あとひとつあげるとすれば、ハイエースは非常にたくさんのパーツや快適化するための物が販売されているので、どれもこれも気になってしまい、車を購入したら終わりではなくそこから物欲が始まってしまうということが悩みかもしれません。

うちは車のパーツ類に加え、ハイエースに乗り出したことで楽しみが増え、車中泊用具やキャンプ道具他などもほしくなってしまっています。

くるま旅が増えると、宿泊代は必要なくても高速代や燃料費その他のお金がかかります。

とはいっても、これはうれしい悩みでハイエースと出会うまえにはなかったわくわく感に非常に満足な毎日です♪

(ブログまで始めてしまいましたし・・・(^_^;))




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です